運賃について

格安航空券を取り扱う、格安航空会社は日本国内でも着々と増えてきており、その中でも台頭して来ている格安航空会社の中には多数のサービスがみられるような良質な格安航空会社も出てきているんですね。
その中でもバニラ・エアという格安航空会社は、サービス内容と航空券の安さという点で大きな利点がいくつか見られるということで人気となって来ているのです。
バニラ・エアの格安航空券で利用することができる国内線は、東京成田から札幌新千歳、沖縄那覇、奄美とかなり限定された就航路線になっているのが特徴的なのですが、便数と路線限定により、非常に航空チケットの値段が安いというのが特徴的ですね。

バニラ・エアの運賃について

バニラ・エアの航空チケットは、運賃の種別が三つに分かれておりコミコミバニラ、シンプルバニラ、わくわくバニラという風に分かれているのが特徴的です。
それぞれ、予約時間は出発時間の40分前まですることができるようになっており、かなり直前近くまで予約をすることができるというところが売りになっているひとつだと言えるでしょう。
バニラ・エアでは航空チケットがそれぞれ運賃別で分かれているのですが、それぞれ運賃によって、サービスの内容やシステムなどもやや変更があるのです。
例えば、コミコミバニラだと予約をしてから変更をする場合は予約変更手数料が500円かかるようになっているんですね。
便の種類や時間帯、日数の変更をする場合は有料になっているということです。
また、払い戻し手数料が3000円かかってしまうのでキャンセルする際は有料になってしまう、ということも特徴の一つです。
また、みんなで割りという4人以上で同時予約すると割引がきく、というのも非常に便利だと思います。
座席指定も無料で行えるので、好きな席に座りたいときには非常に便利ですね。
手荷物も、20kgまでは無料で使えると家族旅行なんかに使うのにはお得なプランになっています。
シンプルバニラのチケットだと、予約変更手数料はやや高く、こちらは2000円になっているのです。
これは、運賃の料金の違いの問題でしょうね。
また、わくわくバニラの場合は予約変更自体ができなくなっています。
そして、シンプルバニラとわくわくバニラではどちらも払い戻しが不可になっていますので、キャンセルは全額負担になるということが格安航空会社らしいシステムになっています。
とは言え、座席指定は500円から行えるのでそれでもかなり安いと言えるでしょう。

更新情報